車を運転する上で目的地までのルートが分からないということが多々あります。
そのような状況に陥った時に役に立つ機械がカーナビゲーションです。

カーナビは、車の走行時の現在位置や目的地までの経路案内を行なってくれる機能を搭載しており、液晶ディスプレイを搭載することでドライバーは状況を把握することが出来る仕組みになっています。

カーナビが位置情報を把握する機能を実現する為に衛星から位置情報データを得るGPSを活用しています。

カーナビの機能は現在地の位置情報取得やルート案内だけに留まらず、ワンセグ機能を搭載することでテレビとして使えたり、SDカードなどの記憶媒体を活用して動画を楽しむ為の動画プレーヤーとしても使うことが出来ます。

カーナビは元々車載タイプで車に固定する物が主流でしたが、時代と共に携帯出来るタイプが増えてきており、タブレット端末をカーナビの代わりとして活用する人も増えてきています。

また、携帯タイプは持ち運べるという利点があるので、車だけでなく、自転車用や歩行者用として使うことも可能です。

地図情報の保管場所としては、従来はDVDやHDDがよく使われていましたが、モバイル端末の技術が発達したことで、SSDやリモートサーバといったパソコンでお馴染みの仕組みやパーツが活用されています。