» 未分類のブログ記事

車を運転する上で、車の現在地や目的地までの経路案内は必要であり、それをサポートしてくれるのがカーナビですが場所によっては完璧で無いことを念頭に置いておくことが大切です。

ナビは衛星からのGPSデータを基に位置情報を算出したり、経路を検索したりすることで、現在地の把握や目的地までの経路案内といったことが出来るようになっています。

ナビの強さは繁華街など地図情報が豊富な場所では比較的正しい情報を提供してくれることです。
しかし、山奥や上が高速道路、下が一般道に分かれている道路に対しては正しい経路を表示出来ないことがあります。

また、地図情報が少しでも古いと、検索情報に該当すると思われる周辺の位置をコンピューターが判断して結果を返すため、コンピューターが判断した場所の住所が広範囲であれば、ドライバーが全く想定していない場所を指し示すことが多々あります。

近年発売されているナビは、一度走行したルートを記録していくことが出来るようになっており、次第に状況が改善されつつありますが、ナビの機能に頼り過ぎずに、ナビで正しいルート情報が得られない場合にはドライバー自身が判断した方が良いでしょう。

ナビは便利な機械ですが、弱点があることも把握しておくべきです。

ピーマン01市街地や山間部など様々な場所へ移動することが可能な車は便利な乗り物ですが、知らない場所へ行った場合に目的地までの経路が分からないような状態に陥ることが多々あります。

車の現在位置や目的地までの経路を案内してくれるカーナビゲーションシステムは、多くのドライバーが車に搭載しており、使われています。

このカーナビゲーションシステムは目的地までのルートを最短で走行出来るようにする為には、条件の設定に工夫を凝らすことが大切になってきます。

ドライバーは経路の全体像を把握しながら走りやすい条件を設定しておくことで、カーナビゲーションシステムはGPSデータと地図データを活用して目的地まで最短で走行出来る経路を算出して表示してくれます。

近年では、スマートフォンで気になる場所を検索しておいて、無線機能で検索結果をカーナビゲーションシステムに送信して目的地として設定出来るカーナビゲーションシステムが登場しており、より一層ドライバーの利便性に沿った経路案内をカーナビにさせることが可能になっています。

カーナビにドライバーの目的に合った経路案内をさせるには、色々な設定を試してみるのが最も良い方法であり、今まで気がつかなかった経路を知ることも出来るでしょう。

車を走行させる際に目的地までの経路を案内してくれるカーナビゲーションシステムは非常に利便性の高い機械ですが、安全な場所に停車させてからカーナビを操作した方が良いです。

車の走行時にカーナビの設定などを行ったりすると、運転が疎かになり、事故の原因になることが多々あります。

近年のカーナビには音声案内機能が搭載されているので、カーナビの経路案内の結果をカーナビの画面を見ずに知ることが出来ます。

しかし、カーナビの設定は必ずカーナビのボタンやタッチパネルを触って行なうので運転の妨げになってしまうのです。

車を安全な場所に停車させる理由も他の車の走行の邪魔になったりするからであり、トラブルの原因にもなります。

カーナビゲーションシステムの機能は車の現在位置の把握や目的地までの経路案内などの他に、オーディオ機能の充実もあります。

オーディオ機能を使う際にもドライバーは運転の傍らで操作をすることが多いですが、オーディオ機能を使う際にも車を停車させてから行いたいものです。

安全に車を使うためには、ちょっとした動作について気をつけておくだけで、車を安全に運転出来るようになります。

カーナビを使う際の動作にも気をつけると良いでしょう。

カーナビは便利なもの

| 未分類 |

現在カーナビは自動車の必需品です。
乗用車で多くの車にカーナビは付けられます。

以前は地図を調べていろいろな場所に行くことが通常でしたが、最近ではナビを設定すれば画像と音声でほぼ確実に目的の場所まで行くことが出来ます。

新車を購入する際に同時にナビをカスタマイズすることが一般的で、ナビにはメーカー標準装備のものもあればオプション設定のものまで幅広くあります。

安価に購入する方法として、セールなどでカー用品店でお値打ちなものを購入し、オーディオレスで自動車を購入し、ナビを後で付けるということも多く、この方法は軽自動車購入でよくある方法です。

現在のカーナビはテレビやラジオなどのオーディオ製品と共にバックモニターやメーカー標準装備のものであれば、車内の様々な操作を行う、マルチ画面として利用されるものもあります。

ここ10年で急速に普及するナビは20年以上前は、高級車のみにオプションとして設定されるもので、数十万円もしていたのですが、現在の数万円のモデルよりも当時のモデルが劣っていたことは間違いありません。
ピーマン02
現在は、3万円~5万円(本体のみ)くらいのものでもかなりの高性能で、ただ、が高性能化したことで交通事故も増加し、便利な側面とは逆に安全面での不安が高くなったことは間違いなく、このことが今後の課題となるでしょう。

カーナビゲーションシステムは、車の走行時に現在位置の把握や目的地までの経路を指し示してくれる機械として便利であり、様々なシーンで重宝します。

カーナビを正しく使いこなすには、ドライバーがカーナビの機能を把握し、適切な条件設定を行なってカーナビにルート検索させることが必要です。

カーナビの正しい使い方をマスターすることで、カーナビはより一層利便性の高い機械として使えるようになってきます。

カーナビはGPSによって位置を把握し、現在位置や経路を計算して、その結果を液晶ディスプレイに表示してドライバーに知らせる仕組みになっています。

しかし、山間部などでは地図情報が古くなっているケースが多々ある為、正しくルートを検索出来ないことがあります。

また、最新の地図情報にも掲載されていない場所では周辺の住所で検索を行なうことがあるので、全く違った場所を案内することがあるので注意が必要です。

カーナビを正しく使いこなすには、地図情報のデータを最新の物に変更し、常に最新の情報でカーナビにルート検索させることが必要であり、地図情報の無い場所はドライバー自身がカーナビに頼らずに車を走行させる方が良い結果を得られるでしょう。

オンダッシュ型とは

| 未分類 |

最近では車にカーナビを取り付けるのが至極当たり前になってきました。カーナビを取り付ける場所にはオンダッシュとインダッシュがあります。

その名の通りオンダッシュというのはダッシュボードの上で、ダッシュボードの中にカーナビのモニターを埋めつけるように装着するのをインダッシュといいます。

メーカー純正品のオプションなどで元々最適の位置にカーナビが備え付けられている場合は問題ありませんが、オンダッシュ型にするかインダッシュ型にするかを選択しなければならないことがあります。

オンダッシュ方とはカーナビが普及してきた当時に主流だったもので、当時はモニターとナビ本体が一体化したものではなく、ほとんどのものがモニター+カーナビ本体という型でした。

その後はユーザーの需要により多くのコンパクト且つ、高性能なカーナビが世に出され、最近では多くの車のオプションにメーカー純正品のカーナビがあります。

これらはより車に綺麗に装着できるようにインダッシュ型であることが多く、最近ではオンダッシュのカーナビは廃れてきたともいえます。

ただし未だにオンダッシュは現役で動いている車も多くあり、型が古いものはもちろん、輸入車などに装着するのも人気があります。

インダッシュ型とは

| 未分類 |

ドリンク03自動車に搭載されるナビゲーションにはインダッシュ型とオンダッシュの2つのタイプがあります。
オンダッシュとはダッシュボードの上に張り付けて使うもので、このタイプのナビのメリットは価格が安いことです。

比較的小型のオンダッシュタイプは小さいことがメリットでもありますが、高齢者の場合、見難いことや操作性が悪いことがあり、デメリットでもあります。

夏の高温となる車内で、ダッシュボードの上はかなりの温度となり故障の原因ともなります。
ダッシュボードの上に両面テープで張り付けるため、視界の問題や見た目の悪さも目立ちます。
盗難被害にあい易いのもオンダッシュタイプです。

一方、インダッシュタイプはというと、オーディオ部分に収納され、見た目もフラットで操作性もよいです。

最近の車はナビが搭載されていることが絶対条件で、ナビなしの車の価値は非常に低いです。
デメリットの多い、オンダッシュはインダッシュに比べると中古車買取も安く見積もられます。

今やナビは車に搭載することが常識であるため、新車の購入時にインダッシュナビのカスタマイズはとても重要となります。

ナビ画面でバックモニターと連動性のあるものを選ぶことが良い方法です。

オーディオ一体型とは

| 未分類 |

カーナビには様々な種類があります。モニターをダッシュボードに固定しナビゲーション本体はシート下やトランクに設置するオンダッシュタイプ。

又、電源を車両のシガーソケットから取りだしモニター部をダッシュボード上に固定するポータブルタイプ。

このタイプはナビゲーションがモニターに内蔵されているので簡単に設置が出来ます。そして、近年ナビゲーションの主流となっているオーディオ一体型タイプがあります。

この一体型のタイプは車両の純正オーディオが装着されている場所に設置します。その為ラジオやオーディオソースが聞けるように内蔵されています。

最大のメリットは余計な配線が出てこないので見た目がすっきりしている事です。又、各社様々な機種を発売しているので自分の使用目的に合った物を選ぶ事が可能です。

最近では車種に合わせて大画面化されているナビゲーションも発売しております。ではデメリットはどうでしょうか。

この一体型のタイプはオーディオ機能のナビゲーション機能が合体している為、各機能の交換は出来ません。つまりナビゲーション機能は満足していてもオーディオ機能が満足出来ない場合、オーディオ部分だけ別の機種に交換する事は出来無いのです。

オプションで対応出来る場合もありますが最初に購入する時に自分の使用目的を明確にし、その目的に対応した機種を選ぶ事が重要です。

カーナビの種類と特徴

| 未分類 |

スイーツ02車の現在位置や目的地までの経路案内などを行なう上で便利なカーナビには様々な種類があります。
ダッシュボードの上に置くタイプの物をオンダッシュ、車載するタイプをインダッシュと言い、インダッシュはユニット形式になっているのが一般的です。

インダッシュはスマートにナビを置いて、手元で操作を行いたいという人々に向いているタイプであり、オンダッシュはダッシュボードに置くことで、ドライバーの視点にディスプレイが見えるという利点があります。

また、ポータブルタイプを利用する人々が増えており、タブレット端末サイズのナビとして、車だけでなく、バイクや歩行などにも使え、ナビ機能だけでなく、オーディオ機能も充実しています。

記憶媒体によってもタイプが分かれるケースがあり、HDDやSSDなどの外部記憶装置が付いた物、SDカードのような超小型の記憶媒体を使った物などがあり、ユーザーの利便性を高めるようになっています。

それぞれのナビはユーザーの用途による選択の幅があり、ユーザーが求める機能に応じて購入を行なうと良いでしょう。

ナビを持ち運ぶことが多い場合にはポータブルタイプのナビを選択し、持ち運ぶことが無い場合にはインダッシュタイプやオンダッシュタイプのナビを選択すると便利です。