車を運転する上で、車の現在地や目的地までの経路案内は必要であり、それをサポートしてくれるのがカーナビですが場所によっては完璧で無いことを念頭に置いておくことが大切です。

ナビは衛星からのGPSデータを基に位置情報を算出したり、経路を検索したりすることで、現在地の把握や目的地までの経路案内といったことが出来るようになっています。

ナビの強さは繁華街など地図情報が豊富な場所では比較的正しい情報を提供してくれることです。
しかし、山奥や上が高速道路、下が一般道に分かれている道路に対しては正しい経路を表示出来ないことがあります。

また、地図情報が少しでも古いと、検索情報に該当すると思われる周辺の位置をコンピューターが判断して結果を返すため、コンピューターが判断した場所の住所が広範囲であれば、ドライバーが全く想定していない場所を指し示すことが多々あります。

近年発売されているナビは、一度走行したルートを記録していくことが出来るようになっており、次第に状況が改善されつつありますが、ナビの機能に頼り過ぎずに、ナビで正しいルート情報が得られない場合にはドライバー自身が判断した方が良いでしょう。

ナビは便利な機械ですが、弱点があることも把握しておくべきです。